子供の独立などの際


子供が独立した場合、一家の生活状況には大きな変化が訪れます。そのような場面では、子供に対する保障が不要となる分だけ、保証金額を減らすことが可能になります。そのようにして、浮いた分の費用を計画的に貯蓄することにより、パートナーとの豊かな老後生活を送るための準備をすることが可能です。

次に、自身が定年退職する場合、従来と違って収入がなくなるために、高額な死亡保障や医療保障を受ける必要がなくなるでしょう。また、養老保険や個人年金保険などに加入している場合、定年退職のタイミングで保険金の受け取りが開始することになるでしょう。そして、家族への相続のことも見据えた上で、対策を講じる必要性が生じるため、保険の果たすべき役割もそれなりに変わって来ます。

これまで考えてきたように、保険は生活状況と関係の深いものであるため、人生のターニングポイントでは、契約内容を見直す必要があります。皆さんの中で、ライフステージに大きな変化があったにもかかわらず、保険の契約内容は従来のままだという方には、今からでも見直しをするのがおすすめの方法です。保険見直しについて疑問や不安がある場合、その道のプロであるFPに相談するのも良いでしょう。