結婚・出産の時には


現在加入している生命保険を見直す場合、そのタイミングにも気を配りたいところです。必要とされる保証金額は、生活状況によって違いがあるため、ライフステージに変化があった時には、保険の見直しをするべきタイミングになるという訳です。

例えば、結婚は、人生の一大イベントですが、保険という観点から見れば、「配偶者」という続柄が登場するという大きな変化があります。配偶者は、相続税の控除を受けられる金額が大きいという税制面の優遇措置があるため、生命保険の受取人は、結婚する前の両親のままになっている場合、配偶者に変更することを強くおすすめします。

また、従来は別々に生活していた状況から、2人の共同生活をすることになれば、家計にもそれなりの変化があるはずです。そのような場面では、暮らしを維持するために掛かる費用が増えるため、それに見合った保証金額を設定するなど、生命保険契約の見直しが必要となるでしょう。

次に、子供が生まれるのも、人生のビッグイベントの1つになります。新たな家族として、子供が1人加われば、当然ながら生活を維持するための費用も増えることとなります。したがって、出産した時には、生命保険の保証金額を増やす必要があるでしょう。