生命保険見直しの時期


生命保険の見直しをするにあたっては、アクションを起こす時期もチェックポイントとなります。ライフステージが大きな変化を迎えるタイミングは、必要とされる保証金額に違いが生じるため、保険見直しをするのに適しています。

例えば、結婚してパートナーとの共同生活が始まる時には、保険の世界では「配偶者」という続柄が加わるという大きな変化が訪れます。配偶者には、相続の際に税制面で多くの優遇措置が用意されています。したがって、結婚前に契約し、保険金の受取人は両親のままになっている場合、配偶者に変更するのが非常におすすめの方法です。また、出産も保険見直しのタイミングとなります。こちらの時期には、新しい家族が加わる分だけ、生活に必要な金額も増えるので、保証金額を上乗せする必要性が生じてくるものと思われます。

また、生活のみならず、教育に掛かる資金も想定して、保険の契約内容を見直す必要があります。子供の教育資金をまかなうためには、学資保険などを利用するという選択肢もあります。そして、離婚の際には、2人の共有物であった家計が分離することとなります。したがって、保険の契約内容も、それなりの見直しをする必要性が生じます。

当サイトでは、ライフステージに合わせた生命保険の見直しに関して、詳しくご説明します。保険見直しを考えているものの、具体的な方法が分からないなどの悩みをお持ちであれば、チェックして、実生活の中で役立ててみることをおすすめします。