子供の独立などの際

子供が独立した場合、一家の生活状況には大きな変化が訪れます。そのような場面では、子供に対する保障が不要となる分だけ、保証金額を減らすことが可能になります。そのようにして、浮いた分の費用を計画的に貯蓄することにより、パートナーとの豊かな老後生活を送るための準備をすることが可能です。

次に、自身が定年退職する場合、従来と違って収入がなくなるために、高額な死亡保障や医療保障を受ける必要がなくなるでしょう。また、養老保険や個人年金保険などに加入している場合、定年退職のタイミングで保険金の受け取りが開始することになるでしょう。そして、家族への相続のことも見据えた上で、対策を講じる必要性が生じるため、保険の果たすべき役割もそれなりに変わって来ます。

これまで考えてきたように、保険は生活状況と関係の深いものであるため、人生のターニングポイントでは、契約内容を見直す必要があります。皆さんの中で、ライフステージに大きな変化があったにもかかわらず、保険の契約内容は従来のままだという方には、今からでも見直しをするのがおすすめの方法です。保険見直しについて疑問や不安がある場合、その道のプロであるFPに相談するのも良いでしょう。

出産・離婚・住宅購入

子供が生まれた時には、生活だけではなく、教育をほどこすために掛かる費用にも気を配らなければなりません。こちらの資金をまかなうためには、学資保険などの利用も検討する価値があります。また、子供も法定相続人なので、保険金の受取人についても考え直す必要性が生じて来ます。

次に、離婚した場合、従来は2人で共有していた家計が分離することとなるので、それに見合った保険の見直しをする必要があります。離婚の際に保険の見直しをする場合、子供の有無によって、必要とされる変更内容に違いが生じて来ます。

また、マイホームを購入した時も、保険の見直しをするべきタイミングです。住宅の購入にあたっては、たいていローンを組むこととなるでしょう。ほとんどの場合、住宅ローンには「団体信用生命保険(団信)」という保険が付帯しています。こちらは、ローンの支払いが終わっていない段階で契約者が死亡した場合に、以後の残債支払いが免除されるという保険です。こちらの保険を利用することで、生命保険によってまかなうべき金額を減らすことが可能となります。その他に、子供が社会人となって独立した時、自身が定年退職を迎える時も、保険見直しのタイミングになります。

結婚・出産の時には

現在加入している生命保険を見直す場合、そのタイミングにも気を配りたいところです。必要とされる保証金額は、生活状況によって違いがあるため、ライフステージに変化があった時には、保険の見直しをするべきタイミングになるという訳です。

例えば、結婚は、人生の一大イベントですが、保険という観点から見れば、「配偶者」という続柄が登場するという大きな変化があります。配偶者は、相続税の控除を受けられる金額が大きいという税制面の優遇措置があるため、生命保険の受取人は、結婚する前の両親のままになっている場合、配偶者に変更することを強くおすすめします。

また、従来は別々に生活していた状況から、2人の共同生活をすることになれば、家計にもそれなりの変化があるはずです。そのような場面では、暮らしを維持するために掛かる費用が増えるため、それに見合った保証金額を設定するなど、生命保険契約の見直しが必要となるでしょう。

次に、子供が生まれるのも、人生のビッグイベントの1つになります。新たな家族として、子供が1人加われば、当然ながら生活を維持するための費用も増えることとなります。したがって、出産した時には、生命保険の保証金額を増やす必要があるでしょう。

生命保険見直しの時期

生命保険の見直しをするにあたっては、アクションを起こす時期もチェックポイントとなります。ライフステージが大きな変化を迎えるタイミングは、必要とされる保証金額に違いが生じるため、保険見直しをするのに適しています。

例えば、結婚してパートナーとの共同生活が始まる時には、保険の世界では「配偶者」という続柄が加わるという大きな変化が訪れます。配偶者には、相続の際に税制面で多くの優遇措置が用意されています。したがって、結婚前に契約し、保険金の受取人は両親のままになっている場合、配偶者に変更するのが非常におすすめの方法です。また、出産も保険見直しのタイミングとなります。こちらの時期には、新しい家族が加わる分だけ、生活に必要な金額も増えるので、保証金額を上乗せする必要性が生じてくるものと思われます。

また、生活のみならず、教育に掛かる資金も想定して、保険の契約内容を見直す必要があります。子供の教育資金をまかなうためには、学資保険などを利用するという選択肢もあります。そして、離婚の際には、2人の共有物であった家計が分離することとなります。したがって、保険の契約内容も、それなりの見直しをする必要性が生じます。

当サイトでは、ライフステージに合わせた生命保険の見直しに関して、詳しくご説明します。保険見直しを考えているものの、具体的な方法が分からないなどの悩みをお持ちであれば、チェックして、実生活の中で役立ててみることをおすすめします。